忍者ブログ
川の流れゆるい
21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ジョージハーバートは、(3、4月は1593から1は、1633年3月)ウェールズの詩人、雄弁家と英国国教会の司祭であった。芸術と裕福な家庭に生まれなので、彼は、ケンブリッジ大学と議会で重要な地位を保持する主導良い教育を受けた。トリニティカレッジ、ケンブリッジ、イギリス、ジョージハーバートの学生としての言語と音楽で秀でていた。彼は大学に司祭になることを意図して行ったけど、彼の奨学金は王ジェームズ1世/ VIの注目を集めた。ハーバートは議会での2年間務めた。王ジェームズの死や友人、定められた同省のハーバートの関心の要請で後をリニューアルしました。 1630年、彼の30代後半の彼は世俗的な野望を放棄し、英国国教会の聖職を取り、ベマートンセントアンドリュース、ソールズベリーの近くでFugglestone聖ペテロの小さな教区の学長としての彼の残りの人生を過ごしている。彼は区民の世話を尽きることのないため、それらのときに、彼らは病気されたの秘跡をもたらす、指摘された食品や困っている人のために服を提供します。彼の人生を通して、彼は、彼が最高の詩との作家として記憶されて画像や詩人の形而上学学校に支持された奇想の独創的な使用[1]宗教詩の言語の精度、韻律汎用性を特徴と書き込み賛美歌は、"さあ、マイウェイ、私の真実は、マイライフ"、"王の栄光、キング平和"と"すべてのコーナーシンガポールで"すべての世界をしましょう。
PR
No Name Ninjaにコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする →
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
HOMEへ戻る
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp